レストランガイド

レストラン&カフェ 東洋軒

  • 120席
  • 営業時間:午前10時~午後7時30分(お食事は午前11時から)※ラストオーダー:午後7時
  • (一部喫煙可)
レストラン&カフェ 東洋軒
三重県津市に本店を構える老舗レストランの名古屋店。
昔懐かしい洋食や、三重の恵まれた地ならではの豊かな食材が楽しめるコースなど、グレードの高い料理を満喫できるレストランと、彩り豊かなデザート、アフタヌーンティーセット、こだわりのドリンクなどもお愉しみ頂けるカフェでおくつろぎください。
伝統の洋食&一杯出しの珈琲へのこだわり

今回は一杯出しのコーヒーにこだわるなど、ゆったりとした時間を過ごしていただく為に落ち着いたカフェスペースを設け、また個室感覚のスペースなど店内もクラシカルに変貌!
今までの懐かしくも新しい洋食メニューももちろん健在でお子さまからお年寄りまで満足していただける空間とお料理をご用意いたします。ぜひ気軽にお立ち寄りください。


ブラックカレー アフタヌーンティーセット 季節の洋食弁当

ブラックカレー

税込 1,080円

出来上がるまでに一ヶ月を要す、
こだわりの松阪牛の黒いカレー。

アフタヌーンティーセット

税込 2,138円

デニッシュやパイとプチデザート、シェフ特製のフィンガーフードをこだわりむぬいた紅茶とセットに。

季節の洋食弁当

税込 2,592円

伝統のポタージュと4種の小皿料理を木箱に盛り込んだ楽しさ満点のお弁当。


よくばり洋食プレート

よくばり洋食プレート

税込 2,160円

有頭のエビフライとハンバーグが付いた欲張りな一皿。人気の一品。


日本に洋食文化を根付かせた老舗西洋料理店

宮内庁御用達「東京 東洋軒」の流れを汲む老舗洋食店『東洋軒』。
創業は明治22(1889)年。
その後明治30(1897)年に伊藤博文を始め、多くの政治家、文化人の薦めもあり西洋料理『東洋軒』が誕生。
初代料理長は北垣栄七郎、後に天皇の料理番となった秋山徳蔵らを筆頭に、時の日本料理界の先頭に立つ者が料理長を務めた。
その『東洋軒』が三重県津市に暖簾分けし、今もその味と伝統を守り続けている。
まさに東洋軒の歴史が日本における西洋料理史といえる。


※上記メニュー内容・価格等は変更になる場合がございますので予めご了承ください。