ぷちりおん通信

妊娠16週前後のママとベビーの体の変化 (体重や体型の変化には個人差があります)

[ママは…]

バストの中で赤ちゃんにおっぱいをあげる準備がはじまり、バストにはりがでてきます(妊娠前に比べ約1カップ以上増量)。お腹のふくらみも目にみえてはっきりわかってくるので、今までの下着では苦しくなります。つわりの症状のあった方もこの時期にはほぼ落ち着いてきます。バランスの良い食事を心がけ体調を整えていきましょう。
またバストやお腹の変化にともなって引き伸される肌に適度な油分や潤いを与えるクリームで妊娠線予防を始めましょう。

[ベビーは…]

身長は約25cm、体重は300gに成長しています。手・足・頭・胴体とはっきりと体の部位がわかります。
この頃から胎動も感じられる様になります。

ご存知ですか?こんな習わし

[帯祝]

おめでたがはっきりした妊娠5カ月目(第16~19週)の戌の日に腹帯を巻いて妊娠を祝うと同時に、出産の無事を祈る儀式です。帯祝のことを「着帯の祝い」ともいいます。戌の日に行うのも犬(戌)は多産でしかもお産が軽いので、あやかりたいという願いが込められています。
一昔前まではさらし布を巻いていましたが、現在ではさらしよりも機能的な腹巻やガードルを使用する方がふえています。

伸縮性にすぐれた素材で冷えの気になるおなかや腰をすっぽりとつつみこみます。
【ワコール】腹帯
(ナイロン・ポリウレタン・綿、サイズ:マタニティM~L・L~LL、色:ピンク・アイボリー、日本製)
税込
4,095円
  マジックテープ付きでおなかを優しくサポート。腰への負担を和らげてくれます。他にもロング丈もご用意しております。
マミングサポート
<ベルトタイプ>
(ナイロン・レーヨン、サイズ:マタニティM・L・LL、色:クリーム・ブラウン・ローズピンク<ローズピンクはM・Lのみ>、日本製)
税込
8,400円

[帯祝の風習]

地方によって様々ですが、愛知県の尾張地方では、妊娠16週以降の戌の日に妻の実家から婚家へ腹帯と一緒に紅白の餅(砂糖で代用)・赤飯・かつお節などを持っていきます。
表書きは「帯内祝」「着帯内祝」とします。腹帯の表書きは「帯祝」「着帯祝」になります。

◯ 安産祈願のしていただける神社 ◯

  • ◆熱田神宮 TEL:052-671-4152
  • ◆塩竃神社 TEL:052-831-1633
  • ◆六所神社 TEL:052-711-3609  その他もございます。

妊娠30週前後のママとベビーの体の変化 (体重や体型の変化には個人差があります)

[ママは…]

乳腺がますます発達し、ボリュームは妊娠前よりも約2カップ増量、ウエストのくびれはほとんどなくなり、内蔵が押し上げられ、胃が苦しくなる事も。ますます大きくなるおなかの皮膚は引き伸されて最も妊娠線の出易い時期。出産まで油断せずクリームで潤いを与えて柔軟性を保ちましょう。また、体調の良い日を選んで入院準備品を揃えておくと安心ですね。

[ベビーは…]

身長は約40cm、体重は1,500g前後に成長し、お腹の皮膚をつきあげる様にはっきりと形がわかるくらい、手足の動きも活発になってきます。また、聴覚も発達し、外部の音に反応する事もあります。

ご出産の準備はおすみですか?

入院準備品(産褥期)

ご出産にむけての入院に必要なもののオススメリストです。
8カ月頃の体調の良い時期にあらかじめ揃えられると良いでしょう。
※枚数は目安です。病院や産院での準備品に合わせてご調整ください。

産褥用ブラ(バーシングブラ)………………3〜4枚
出産直後のデリケートなバストを脇からつつみこむように、そっと支え上げてサポートするノンワイヤーブラです。
ミルクマミーパッド(産後用母乳パッド)…4〜5組
母乳のモレをすばやく吸収。
インナーやアウターが汚れにくく快適です。洗ってくり返し使えます。
産褥用ショーツ(バーシングショーツ)…各3〜4枚
悪露やおりものの多い産褥期のためのショーツ。
入院時の診察に便利なクロッチ開閉アリタイプ、生理用ショーツとしても使える開閉ナシタイプ、帝王切開の方へもおすすめのウエスト両脇開閉タイプがあります。
マタニティ用骨盤ベルト………………1〜2枚
産後の骨盤の戻りをサポートする機能ベルト。
産後用と、産前・産後兼用タイプがあります。出産後すぐから着用できます。
※帝王切開の方はお医者様とご相談の上、着用ください。
ニットトップ・ニットボトム………各2〜3枚
寒い季節や冷房の冷えに。
ニットトップは授乳しやすいように前開き又は、カシュクールタイプが便利です。
マタニティパジャマ……………………2〜3枚
マタニティパジャマで快適な入院生活を。
診察や授乳のしやすさを考えると前開きタイプや授乳開き付きがオススメです。

出産後のママと生後0~2ヵ月の赤ちゃん (体重や体型の変化には個人差があります)

[出産後のママは…]

授乳期間中のバストは重く、授乳の前と後ではボリュームや張りも違います。リフトアップ機能のある専用ブラで、しっかりもち上げて下垂を防ぎましょう。シェイプアップのチャンスは産後6カ月頃まで。中でも出産直後から3カ月後迄がベストです。ジャストフィットで無理なく計画的にシェイプアップを始めましょう。

[生後0~2カ月の赤ちゃん]

昔から身長50cm、体重3,000gといわれていますが、もちろん個人差があります。新生児(2週間までの間を呼びますが、広い意味では1カ月くらいまでの赤ちゃんを指します)は、1日の大半を寝て過ごします。おしっこやうんちの回数も多くなります。
1カ月を過ぎると赤ちゃんにも皮下脂肪がつき、だいぶ丸みがでてきます。体重は約1~1.5kg増えています。視覚や聴覚も発達し、ママの顔をじっと見たり、音のする方へ顔を向けたりと、少しずつですが周囲に反応し始めます。
さらに2カ月くらいになると首も座り始め、体つきもだいぶしっかりしてきます。
日中の寝ている時間も短くなるので、授乳の間隔も安定してくるでしょう。

ご存知ですか?こんな習わし

[お七夜(命名祝)]

生後7日目に赤ちゃんの命名と、健やかな成長を願うお祝いです。
生誕して何事もなく無事に過ごし、病院から退院するのもこの頃ですね。
正式にはお祝いの席で、赤ちゃんの名前を披露し、命名書を神棚や床の間に飾ります。
今では手型・足型のとれるものや、掛け軸タイプの命名用紙などがあります。

[お宮参り]

赤ちゃんが誕生した報告と健やかに成長する様、氏神様に参拝するもので、
赤ちゃんにとっては生まれて初めてのお参りです。
男の子は生後31日目、女の子は32日目と言われていますが、
赤ちゃんの体調や、ご家族の都合に合わせ、
日取りの良い日に行うのが一般的となっています。
今では和装・洋装と様々なデザインが用意されています。

生後3~4カ月の赤ちゃん  (体重や体型の変化には個人差があります)

3カ月の終わり頃には、体重は生まれた時の約2倍、身長も10cm程伸びています。
ただ、発育の個人差も出てきますので、体格には差が見られます。よだれも出てきて、指しゃぶりや「アー」とか「ウー」などの喃語(なんご)と呼ばれる声を出し始める赤ちゃんもいます。
3~4カ月になると首もすわり、横抱きから、たて抱き、おんぶなども出来る様になります。
表情も豊かになり、ママの顔や色の区別(赤・黒・白などのはっきりした色ですが)もわかる様になります。天気の良い日はお散歩にも連れていってあげて、赤ちゃんの好奇心を満たしてあげましょう。

ご存知ですか?こんな習わし

[お喰い初め祝]

生後100日目か120日目に、赤ちゃんの成長を祝い「一生食べ物に困らないように」と
願いを込めて膳を用意する儀式です。
お喰い初めとはいっても赤ちゃんに食べさせることはせず、尾頭つきの魚(一般に鯛)や赤飯で膳を整え身内がそろって祝い、赤ちゃんの口もとへ箸を運んで食べさせるマネをするのが、昔からのならわしです。
今では膳の他に食器セットで膳のかわりをする方がふえています。

【ミキハウスファースト】テーブルウェアセット
スープマグ・ライスボウル・スプーン・フォーク・フィーディングスプーン(ポリプロピレン、耐熱温度:140℃、日本製)、ベビープレート(本体:ポリプロピレン、足ゴム:シリコンゴム、耐熱温度:140℃、日本製)、調理セット(すり棒:天然木、果汁しぼり噐:ポリプロピレン、すり鉢本体:ポリプロピレン、すり鉢足ゴム:シリコンゴム、耐熱温度:140℃、日本製おろし噐:AS樹脂、耐熱温度:80℃、日本製) 税込 5,250円
※スプーン・フォーク・フォーディングスプーン・すり棒・おろし器は
電子レンジ・食器洗い乾燥機ではご使用になれません。

赤ちゃんの食べ物は?

[お喰い初め祝]

お喰い初めでは、鯛やご飯などを盛ったりしますが、実際の赤ちゃんの栄養素はミルクがほとんどです。ただし、赤ちゃんの食欲も旺盛で、体調が良ければ、果汁やスープなどを少しずつ与えてみるのもよいでしょう。
ミルク以外の味を覚えさせ、離乳食へスムーズに移行できるためのステップですので、
ミルクの合間に少しずつあげてみてください。

生後5~6カ月の赤ちゃん  (体重や体型の変化には個人差があります)

生後5~6カ月体重は7~8kg、身長は65~70cmくらいです。3カ月くらいまでと比べて体重増加はゆるやかになってきます。この頃になると、寝返りができる赤ちゃんも増えてきます。体の動きや発達はいちじるしく、足をふんばったり、そばにあるものをつかみ、口へ持っていったりと赤ちゃんも大忙しです。腰がしっかり安定し始め、おすわりできるようにもなります。又、人の見分けもつく様になり、人見知りもでてきます。1人遊びをしたり「ブーブー」「マーマ」などといったおしゃべり喃語(なんご)も増えてきます。かわいさもどんどん増しますね。
又、そろそろママからもらった免疫が切れはじめてきます。熱などの症状が出る場合もあります。

〜お子様の一人座りデビュー〜
一人座り出来る頃から大人になってもお使いいただける椅子のご案内です。
人気の北欧ブランド ストッケチェアとリエンダーチェアは店頭に見本がございますので、
ぜひ、ご来店ください。
ハーフバースデーのプレゼントに。

■7階 ベビールームス&アベニュー
赤ちゃんの食べ物は?
離乳食 離乳食は一般的におかゆから…という方が多い様です
(穀類→野菜→たんぱく質食品)。
最初の2・3日はスプーン1さじからで、1日1回で充分です。
赤ちゃんの体調や機嫌に合わせて、徐々に1回の食べる量を増やしていくと良いでしょう。
ミルクや果汁などしか口にしなかった赤ちゃんは、急に異物を口に入れられたと感じ、吐き出す事もあります。スプーンや離乳食が熱すぎないか、なめらかなトロトロ状の離乳食になっているかなどを、チェックしてあげてください。

生後7~8カ月の赤ちゃん  (体重や体型の変化には個人差があります)

歯みがき体重は8~9kg、身長は約70cmです。1日当たり10g前後の体重増加です。
腹ばいも上手になり腕の力も強く、はいはいが出来る様になるのもこの頃です。
8カ月後半になると机につかまらせたり、ママが両脇を支えてあげれば少しの間、つかまり立ちが出来る事も。
又、この頃から乳歯がはえ始めてきます。いずれは永久歯に変わりますが油断は禁物!
食事とおやつは規則正しくし、歯みがき嫌いにならない様、少しずつ慣らしていってあげましょう。

赤ちゃんの周りには危険がいっぱい!
セーフティーグッズ 好奇心旺盛に加えて、ある程度自力で移動できるため、
この時期の赤ちゃんにとっては、
部屋中のすべてがおもちゃに見えてしまいます。
赤ちゃんを動き回らせないようにするよりも、
セーフティーグッズなどを利用して、
事故やケガを防ぐのもいいですね。
もちろん部屋のおかたづけも忘れずに!
赤ちゃんの食べ物は?
順調に進んでいれば1日2回に増やしてもかまわないでしょう。
初めは2回目の離乳食を1回目の離乳食よりも量を減らし、赤ちゃんの便の様子を見ます。
問題なければ徐々に2回目の離乳食の量を増やします。
穀類、野菜、たんぱく質とバランスが良ければ、大人の食事を上手に利用し、赤ちゃん用に取り分けるのもおすすめです。
固さはトロトロの流動食から、半固形食へと変えていきます。
又、飲み物は哺乳ビンからコップへ少しずつ切り替えたいものです。
スムーズに移行できるように飲ませてあげたいですね。

【ファミリア】
ストローマグ (本体:ポリプロピレン、ストロー・チューブ・
パッキン:シリコンゴム、
日本製) 税込 1,728円
スパウトマグ (本体:ポリプロピレン、スパウト・
パッキン:シリコンゴム、
日本製) 税込 1,620円
ベビーマグ (本体:ポリプロピレン、乳首・
パッキン:シリコンゴム、
日本製) 税込 1,836円

ストローマグ

生後9カ月の赤ちゃん  (体重や体型の変化には個人差があります)

トイレトレーニング体重は生まれた時の約3倍、身長は約1.5倍で、運動能力と機能がめざましく発達し、体型もスマートになってきます。おすわりやはいはいも上手に出来、つかまり立ちができる様にもなってきます。行動が活発になるので、いたずらする事も多くなる様です。意思表示もはっきりしてきて、食べ物の好き嫌いや、やりたい事が出来ないと泣いたりする事も。ママの言葉もだいたいはわかる様になり、簡単な言葉を発する事もできます。
11カ月以降になると、伝い歩きのできる赤ちゃんも多くなります。自分と周囲の関係も理解できる様になり、意味のある言葉が赤ちゃんの口から出てきます。
又、便の間隔が一定であればおまるを用意し、いやがらない程度に座らせてみて、
トイレトレーニングの準備をしてみるのはいかがでしょうか。

ファーストシューズ
◯はいはいからたっちを始める頃になったら、そろそろ靴を選んであげましょう。赤ちゃんの足は、まだほとんどレントゲンにも写らないほどの軟骨でできています。そんな未熟な骨を脂肪で守っているので、ぽっちゃりしたプヨプヨ足です。初めての靴は足入れがしやすいよう履き口が広く、つま先が扇状で、くるぶしまで足全体を包み込む形状がおすすめです。
◯自力で歩けるようになったら、靴の中で足がずれないように、紐やマジックテープで踵を固定し、まだ不安定な足首が倒れこまないよう、踵部の芯がしっかりした靴をお選びください。つま先は指が自由に動かせるくらいのゆとりが必要です。
◯赤ちゃんはとても汗っかき。素材は吸湿性に富んだ革の靴がおすすめですが、ご用途に合わせてお選びください。

ベビーシューズ[ベビーシューズ取り扱いブランド]

*ファミリア *べべ *ミキハウスファースト
*KP     *ラルフローレン レイエット  *子供靴
*コムサフィユプラチナ  *シャーリーテンプル
赤ちゃんの食べ物は?
離乳食2回の離乳食が順調であれば3回に増やしていきます。
授乳のミルクはフォローアップミルクに切り替える準備を。
牛乳は1歳頃からが目安です。
歯がはえていますが、前歯だけなので歯ぐきでつぶせる程度の固さの食事にして、
あごを使う練習もさせてあげましょう。
食事の内容がかたよっていると、偏食の原因にもなりかねません。
なるべくいろいろな味を体験させましょう。
1日3回の離乳食を食べられる様になり、コップでミルクが飲めれば、断乳しても良いでしょう。
1歳半くらいまでが目安です。