三越の弔事・ご返礼

お香典返しなどのご準備

ご弔問客のお名前、ご住所、お香典額別に分類して記載されますと、お品選びの際に便利です。
お香典返しの時期は以下の通りです。


仏式…五七日忌または、七七日忌の忌明け法要の後
神式…三十日祭、または五十日祭の後
キリスト教式…一ヵ月昇天記念日の後

□お香典返しのご予算とお品選び
一般的には「半返し」ですが、亡くなられた方の社会的地位やお立場、先様の慣例などによって異なることがあります。お品は、銘茶、寝具、石けんなどが多く使われますが、最近では生活意識が変わり、必ずしもこれにこだわることはございません。
先様がお品物をお選びになるギフトカタログもよく使われております。
□ご挨拶状の作成
百貨店に配送を依頼し、ご挨拶状を添えてご返礼される場合、掛紙は主に「志」とします。仏式のご挨拶状には故人のご戒名を入れるのが一般的ですので、楷書で正確に写してください。
□ お 品 ご 発 送 ま で の 日 数
三越ではご注文を承りました際、五七日忌(三十五日)または七七日忌(四十九日)の忌明けの日を期して発送できるよう、準備いたします。そのために、ご挨拶状の印刷や発送伝票の作成などで約10日間ほどの日数を賜りたいと存じます。

ご葬儀後のしきたり

□納骨とご位牌
納骨は初七日、五七日(三十五日)または七七日(四十九日、満中陰)の法要の際に行います。ご準備として、参列者へのご連絡や出欠の確認、式後のおもてなしをする会場の手配、配り物のご用意などが必要です。なお、白木の御位牌は納骨式の後は黒塗りの物に取替え、ご自宅にお祀りするのが一般的です。
□ お 彼 岸 と お 盆
初めて迎えるお盆を新盆といい、ご家庭では白い提灯や花、野菜などで盆飾りをして新霊を迎え、僧侶に読経をしていただきます。お彼岸には、お寺へ行って読経、焼香、墓参をいたします。
□ お 中 元、お 歳 暮、年 末 の 欠 礼は が き
お中元やお歳暮は、日頃お世話になった方々へのお礼としてお贈りするものです。弔事のご返礼とは趣旨がことなりますので、喪の期間とは関係なくお贈りして差し支えありません。喪中はがきは年賀を欠礼させていただくご通知ですから12月初旬に先方に着くように出すのが通例です。
三越の弔事・ご返礼 トップページへ>>