三越の弔事・ご返礼

ご法要のご準備と心得

仏式、神式、キリスト教式など、ご法要のかたちは違っても、ご参列いただく方々への感謝の気持ちは変わりません。
以下に一般的なご法要の順序をご案内いたします。なお、地域的な慣習などにより異なる場合がございます。


□ 仏 式
※1<お逮夜(たいや)>
(ご逝去の日を入れて6日目)

葬儀をひとまず終えたところで、お世話になった僧侶や世話人、親戚、知人などに感謝をこめて食事などをもてなします。
※2<初七日忌>
近親者と親しい人たちでのご供養。後飾りは、より簡略にします。

※3<五七日忌、七七日忌>
忌明け法要(忌明けには近親者のほか、故人と親しかった人を招き、法要を営んだのち、おもてなしをするのが一般的です。)

※4<百ヵ日忌>
近親者で供養するのが一般的です。
□ 神 式
●十日祭
仏式の初七日にあたり、身内と親しい方で
霊祭を行います。

●二十日祭(亡くなられた日から二十日目)
 三十日祭(亡くなられた日から三十日目)
 四十日祭(亡くなられた日から四十日目)
一般的には遺族だけで霊祭を行います。
●五十日祭(亡くなられた日から五十日目)
仏式の七七日にあたり、忌明けとなります。
親しい方を招いて霊祭、おもてなしをし、お返しをするのも仏式と同様です。

□ キ リ ス ト 教 式
●三日目・七日目
カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは記念式を行います。カトリックでは、ふつうミサを行います。

●一ヶ月目
近親者、友人を招いて教会で追悼ミサを行います。
その後は教会の別室などでお茶の会を催し、故人を追悼します。ご返礼品をお届けする場合は、この日以後に行うのが通例です。
●一ヶ月目(プロテスタント)

この日が昇天記念日で記念式を行います。カトリック同様ご返礼品をお届けする場合は、この日以後に行います。

三越の弔事・ご返礼 トップページへ>>